喫煙者の7割以上が禁煙したいと思っている

喫煙者の7割以上が禁煙したいと思っているそうですが、いざ禁煙となると未だ
あまりに多くの方が苦労をしています。


もしあなたが、今迄禁煙に何度も失敗しどうせ自分には禁煙は無理だと
諦めかけているのなら、ぜひたった5分だけお時間を下さい。

実はタバコは誰でも簡単にやめることができます。

もう一度言います。

正しい方法を知り、実践するだけでタバコは誰でも簡単にやめることができます。

1日2箱以上、23年間喫煙。ドクターストップがかかる程のヘビースモーカーで、
15年間禁煙に失敗し続け、さらに禁煙入院を繰り返した私でもあっけない程簡単に禁煙に
成功したその秘密をあなただけにすべて公開致します。

自ら禁煙に成功した経験から、禁断症状に出来るだけ苦しまず、ごく自然とたばこが吸いたくなくなる独自の禁煙方法を開発し、現在は禁煙のカウンセリング、コーチングの仕事をしています。

毎日禁煙できずにお悩みの方から多くの相談を受け、これまで1200名以上の方の禁煙を成功に導いてきた私でも、正直なところ実は禁煙にはかなり苦労しました。

過去何度となく禁煙に挑戦し、自慢でないですが長くて11日が自己最高記録でした。

実態は朝に禁煙するぞとタバコとライターを捨て、昼にはもう我慢できずにタバコを買って
しまうというのがほとんどでした。

現在はタバコに縛られない自由な毎日に感謝していますが、よくカウンセリングしていますと
コーチが禁煙できたのも意思が強かったからなのでは?と聞かれます。

禁煙に限らず、日常の生活でもスポーツジムに入会しても一ヶ月も続かずギブアップ。
高い会費を何度もドブに捨てたことか。
早朝ジョギングも1週間以上は続いたためしがありません。

ご安心下さい!!自慢ではありませんが、意思は全く強くありません。

”根性”、”我慢”という言葉を聞いただけで一挙に気持ちが萎えるタイプっていますよね?
恐らくあなたの方がずっと強い意志の持ち主だと断言致します!

その当時は次から次へいろいろな禁煙グッズ、方法を試し、挫折、試しまた挫折
の繰り返しでした。

1本タバコ吸うごとに、やっぱり意思が弱いからなー、ストレスがたまるし、と
自分に都合の良い言い訳ばかり作っていました。

タバコを死ぬ程今すぐにでも止めたい気持ちと反対に、もう一人の自分はタバコを
どっぷり愛していたので葛藤だらけでした。

挙げ句の果てに、どんどんタバコの本数が増え、ひどい時には1日50本も吸っていました。
身も心も疲れ果て、体調も崩し会社を頻繁に休むようになったのもこの頃でした。

心配してくれた家族、兄弟の勧めもあり、禁煙入院をすることになったのです…。

そんな自分自身に対するジレンマと自己嫌悪が知らぬ間にかなりストレスとなって
いたようです。

そして現実逃避の為にまたタバコを吸ってしまうという悪循環だったのです。

あなたも恐らくこんな経験にうんざりしているのではないでしょうか?




posted by FUJIYOSITO at 17:16 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャーガの抗癌作用を実証した日本での研究

「第121年会 日本薬学会要旨集」に掲載された「カバノアナタケ(チャーガ)の細胞増殖とヒスタミン遊離に対する作用」(陳志清他、広島大医総薬)についての研究報告で、チャーガのガンなどへの有効性がわかる内容になっている。

チャーガの粗抽出物を用いたこの実験の目的は、「腫瘍細胞の増殖およびヒスタミン遊離に対する作用についての検討」である。

ヒスタミンとは、アミノ酸のヒスチジンから作られる成分で、血管拡張や血圧の降下を助け、さらに胃液などの腺分泌を活発化する作用がある。

使用したのは、シべりアで採取されたチャガの熱水による抽出物。

これを用いてまず、細胞増殖試験を行なう。

チャーガを添加した培地で細胞を48時間培養した後、細胞の増殖状態をMTTアッセイと顕微鏡下での計数により調べる。

次に、ヒスタミン遊離の測定。

ラットの腹腔肥満細胞およびRBL-2H3細胞をチャーガで30分間前処理して、細胞に脱穎粒を起こす刺激を与える。

その後、ヘキソサミニターゼの遊離に対するチャーガの効果を測定した。


チャーガの抗癌作用を実証した日本での研究
posted by FUJIYOSITO at 20:44 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カバノアナタケ服用で乳癌が完全に消えたロシアの女性

モスクワから近い場所にある「伝統植物療法センター」は、自然生薬や機能性食品などを用いて治療を行う専門病院である。

ここで治療に当たるザハーロフ医師は、癌患者に対して、カバノアナタケとチベットの伝統的な生薬を組み合わせて処方を行っています。

その結果、奇跡的とも言える治癒例がたくさん見られます。


余命2ヶ月を宣告された31歳の女性!!

彼女は、カバノアナタケを服用する前は、乳癌からリンパ腫、肺癌へと転移が進んでいた。

大手病院で手術をしたものの、すでに従来の癌医療では手のつけられない状態に陥っていた。

ところが、カバノアナタケを主にした植物療法により、2年後には癌細胞が完全に消失した。

体じゅうを蝕んでいた癌の影がものの見事に消えてしまった。

医者も驚くほどの治癒を経験した彼女は、次の段階として免疫力を強化する目的でカバノアナタケの服用を継続している。

その後の癌の再発は見られず、順調に回復に向かっているという。


癌を抑えるカバノアナタケ茶



癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸

posted by FUJIYOSITO at 08:54 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。